工夫凝らした福祉用具紹介 山口市の商店街=山口(2003年10月24日)

■いつ?
2003年10月31日迄
■どこで?
ほっとさろん中市『まちのえき』
■誰が?
「まちのえき」,ハツタ山口株式会社
■何をした(する)?
UD食器などの展示会が開かれている。
■なぜ?
UDの良さを知ってもらおうと企画された。
■どのように?
・柄に形状を記憶する材質が使われ、お湯につけて自由に変形できるスプーン、左右どちらの手でも楽に食べ物をつかめるはし、指一本で押すだけでふたが開く食品保存容器など約六十点を紹介。カラフルで斬新なデザインも多く、いずれも手にとって実感できる。

・高齢者ら向けに障害を取り除く住宅改修や介護ベッドなどのレンタルを手がける「ハツタ山口」(本社・周南市)が協力。握力の落ちた人が使いやすいペンやはさみなども置いている。

・「まちのえき」チーフの越智尚史さん(27)は「身近で興味を持ちやすい食生活の用具を中心にそろえた。子供や様々な人に触れてもらいたい」と話している。

・市場規模は、選定した家電製品、住宅設備、おもちゃなど二十八品目のうち、障害者や高齢者に配慮している製品を抜き出し、その出荷額から推計した。