ユニバーサルデザイン指針策定 市民の意見を都留市が募集=山梨(2003年11月5日)

■いつ?
2003年11月
■どこで?
都留市(山梨県)
■誰が?
都留市
■何をした(する)?
施策の立案・変更などで行政側の原案を事前に公表して住民の意見を聞く「パブリックコメント」制度を導入した。
■なぜ?
障害者にも暮らしやすい街づくりを目指す「ユニバーサルデザイン指針」策定について意見を求めるため。
■どのように?
・同制度では、住民や専門家などから意見を求め、行政側の考え方を示したうえで最終的に意思決定する。県は今年十月に正式導入し、山梨市も十月から試行している。

・都留市が今回、意見募集しているのは、障害の有無や年齢、性別などに関係なく、すべての人が暮らしやすい街づくりやサービスを実現するための「ユニバーサルデザイン指針案」について。

・原案を市のホームページのほか、市庁舎情報公開総合窓口と四か所のコミュニティーセンターで公表している。意見は、十二月一日までに市役所に直接持参するか、郵送やファクス、電子メールで送る。