災害時の避難情報、多言語で…マニュアル作成へ – 読売新聞


災害時の避難情報、多言語で…マニュアル作成へ
読売新聞
災害情報が届きにくい外国人の安全対策を強化する狙いがある。 これまでにも緊急地震速報や津波警報の多言語化の取り組みは進んできたが、伝える内容は、災害発生の事実や発生時の安全確保の呼び掛け程度にとどまっている。 そこで、災害時に避難の指示や勧告が出た ...