障害のある教員テーマに 合理的配慮、誰が負担? 自らの教職生活を語る 都内でシンポ – 毎日新聞


障害のある教員テーマに 合理的配慮、誰が負担? 自らの教職生活を語る 都内でシンポ
毎日新聞
障害の定義にも、議論が集中した。聴覚障害の教員は「手話は言語として認められている。私は手話を使う。障害者とは思っていない」と語っていた。さらに、公表はしていない性的マイノリティーの教員は「語らいを続け、性別でなく、人として、教師としてみてくれる生徒もいる」と話 ...