[モバイル&ゲーム]骨伝道スピーカー内臓の携帯電話TS41/ツーカー(2004年1月6日)

■いつ?
2004年1月頃
■どこで?
株式会社ツーカー(開発)
■誰が?
株式会社ツーカー
■何をした(する)?
骨伝導スピーカー内蔵の携帯電話TS41を発売。
■なぜ?
騒音の大きい場所でも音が聞こえるようにするため。
■どのように?
・音は耳の中から鼓膜を震わせ、耳小骨、内耳の蝸牛菅と伝わる。でも、頭の骨に振動を伝えてもちゃんと内耳へと音は届く。TS41はこの骨伝導スピーカーをボディーの外側へ組み込んだ。

・騒音の大きい場所でも人差し指で耳をふさぎ、ボディーをほお骨に軽く押し当てれば綺麗に音が聞こえる。着信時、中を開くことなくそのまま話せるので、静かな場所でのしようも便利。

・骨伝導は耳が遠いお年寄りの聴覚補助器具によく使われるが、TS41は屋外での通話が多いビジネスマンをターゲットにしている。

・店頭販売価格は1万円前後