車いすと視覚障害者、双方に配慮のブロック開発/東京・板橋区(2004年1月12日)

■いつ?
2004年1月11日
■どこで?
記載なし。
■誰が?
板橋区など
■何をした(する)?
車いす利用者と視覚障害者双方に配慮した新型歩道ブロックを開発。
■なぜ?
段差があると車いすが大変だが、段差がないと視覚障害者が大変になるため。
■どのように?
・新型歩道ブロックの体験会が開かれた。横断歩道と歩道の間の段差を無くさず、さらに車いす利用者にも便利なようにと、一部スロープを設けたのが特徴。

・板橋区は区内のコンクリートブロック製造会社と連携して「板橋区型UDブロック」を製品化した。

・新ブロックには車いすが通りやすいように、幅26センチのスロープを設け、スロープ部分には突起状の滑り止めも施した。