魅力ある都市とは 愛知万博総合プロデューサー・木村さん、町づくり講演=高知(2004年01月24日)

■いつ?
2004年1月頃
■どこで?
高知市内のホテル
■誰が?
木村尚三郎・東大名誉教授
■何をした(する)?
「住んでよし、訪れてよしのまちづくり」と題して講演した。
■なぜ?
記載なし。
■どのように?
・目指すべき都市像などについて考える「県ユニバーサルデザインシンポジウム―これからの都市と観光」(県政策総合研究所など主催)が、高知市内のホテルで開かれ約120人が講演などに耳を傾けた。

・シンポジウムは1999年から毎年開催され、今年が5回目。2005年に開かれる愛知万博で総合プロデューサーを務める木村尚三郎・東大名誉教授が講演。

・木村教授はバリアフリーとUDの違いについて「バリアフリーは障害のある人とない人の交流を考えていない。UDの根底には共助の社会を作ろうという考えがある」と説明。「たくさんの人が来る魅力ある都市は繁栄が約束されている。都市の特徴を出すために知恵を働かせる必要がある」と強調した。