だれもが「使いやすい」陶器 玉名でお年寄りら使用体験=熊本(2004年2月27日)

■いつ?
2004年2月26日
■どこで?
介護老人保健施設「ゆうきの里」(熊本県玉名市)
■誰が?
熊本県玉名地域振興局
■何をした(する)?
UD陶器の使用体験会を行った。
■なぜ?
記載なし。
■どのように?
・協力する荒尾玉名地域の8窯元が参加。
・握力の低下を考慮し、表面に滑り止めの細かい凹凸をつけた湯飲み、スプーンですくう際に料理がこぼれないよう、縁を内側に反らせた皿などの食器40点を紹介。同施設にリハビリで通っている高齢者約30人が使ってみて感想を述べた。
・実際に使用した人は「よく工夫されていて使いやすい。陶器はプラスチックの食器より料理がおいしそうに見える」と笑顔で答えた。
・熊本県玉名地域振興局は「意見を参考に改良を加え、商品化につなげたい」と話していた。
■参考資料
「だれもが「使いやすい」陶器 玉名でお年寄りら使用体験=熊本」『読売新聞』2004年2月27日,朝刊,32面