食品パック容器のふた 開けやすさ考えよう 高齢者向け試作品展示(2004年3月9日)

■いつ?
2004年3月30日まで
■どこで?
アジア太平洋トレードセンター(ATC)のITM棟11階(大阪市住之江区)
■誰が?
「エイジレスプランニングネットワーク」(大阪市)
■何をした(する)?
食品のパックやプラスチック容器のふたなど、高齢者にとっての「開けやすさ」について考える展示会を開催し、約300点の商品チェックや試作で開けやすさを検討した。
■なぜ?
加齢により指でつまむ力が衰えていくため、日常生活でストレスを感じている高齢者が多いと考えたため。
■どのように?
・50―70歳代の女性デザイナーらによる「エイジレスプランニングネットワーク」が企画した展示会。
・今回の調査で例えば、コンビニやスーパーで販売されている弁当や惣菜、刺身の容器。ふたを外す際、突き出した”ベロ”の部分が短いと開けにくい。試した結果、ベロの面積が2×2.5センチあれば、容易に開けられることがわかった。
・ねじって外すふたは、親指の幅以上の高さ(約2センチ)が必要。表面の凹凸やギザギザも欠かせない。また、内部の食品が乾燥しないよう、何度も開け閉めできるファスナー付きの袋は、最上部とファスナーの幅が狭いと開閉しづらい。1センチ以上の幅が必要だ。
・ペットボトルやプルトップ缶を開けやすくするグッズなども展示。2004年3月30日まで。入場料は無料。
■参考資料
「食品パック容器のふた 開けやすさ考えよう 高齢者向け試作品展示」『読売新聞』2004年3月9日,朝刊,21面