「だれもが使いやすい商品を」 開発推進団体、新潟にも発足/新潟 (1998年2月15日)

■いつ?
1998年2月14日
■どこで?
新潟県
■誰が?
長谷川美香・「E&Cプロジェクトにいがた」代表

■何をした(する)?
「E&Cプロジェクトにいがた」を発足させ、1998年2月17日から商品の展示会を行う。

■なぜ?
年齢、国籍、性別、障害の有無に関係なく、だれもが使いやすい仕様の商品「ユニバーサルデザイン」(共用品)を開発し、広めようと考えたため。

■どのように?
・1998年2月15日の朝日新聞ではUDは「1980年代、アメリカで高齢者や障害者の専用品開発から子どもや妊婦などだれもが使いやすい商品、環境を作り出そうと生まれた。プッシュ式公衆電話機の「5」(番)に付いた突起や、シャンプーのボトルについたギザギザなどがその例。」と解説されていた。
・国内では91年に「E&Cプロジェクト」(鴨志田厚子会長/当時)がまず東京に誕生し、新潟は全国で5番目のE&Cプロジェクトであった。
・1997年4月、長谷川さんを中心に約10人で設立準備委員会を作り、週1回の勉強会を重ね、企業へのアンケートや、障害者から聞き取り調査をしてきたという。会員は1998年当時で21人だった。
・1998年2月17日から22日まで万代シテイホール・リターナ(新潟市万代)で展示会を開催。
・展示会では、振動で起こすまくらや固いビンのふた開けなど150点以上の商品を紹介する。
・入場は無料。問い合わせは長谷川さん(025‐233‐4136)まで。

■参考資料
「「だれもが使いやすい商品を」 開発推進団体、新潟にも発足/新潟」『朝日新聞』1998年2月15日,朝刊