非常勤講師の高野さん 障害武器に研究の道へ 自分の経験から課題探る – 毎日新聞


毎日新聞

非常勤講師の高野さん 障害武器に研究の道へ 自分の経験から課題探る
毎日新聞
中学時代のプール事故で肢体不自由となった男性が、障害者としての自身の経験を生かし、障害児者の教育について研究を深めようとしている。東京学芸大大学院博士課程を今春修了した、高野陽介さん(30)だ。「障害がある自分だから踏み込める研究がある」。4月からは ...