後期高齢者、誕生日1日違いで医療費18万円の差も – マネーポストWEB


後期高齢者、誕生日1日違いで医療費18万円の差も
マネーポストWEB
国による団塊世代の医療費狙い撃ちの始まりは2008年に導入された「後期高齢者医療制度」だ。70歳から74歳の被保険者のうち、現役並み所得のある人以外の負担金は2割負担であったが、軽減措置により1割負担になっていた。しかしこの措置が2014年から変更された。