石松敬子さん、難病でも創作再開 福岡・中央区天神で20日まで – 毎日新聞


石松敬子さん、難病でも創作再開 福岡・中央区天神で20日まで
毎日新聞
10代から絵筆を握る石松さんは、神経難病のパーキンソン病を50歳で発症。背骨が曲がり歩きづらくなる症状も出ているが、描きたい一心で5年前から本格的に創作を再開した。「絵を描くようになって手の震えが和らいだように感じる」と話すほど、制作に没頭する。 長年テーマに ...