障害者ホーム放火の女「燃やそうと思わず」 – 読売新聞


障害者ホーム放火の女「燃やそうと思わず」
読売新聞
現住建造物等放火罪の成立を争う方針を示した。 起訴状によると、善家被告は昨年3月12日午前0時50分頃、グループホームの自室で、自殺するためにトイレットペーパーにライターで火をつけ、施設を全焼させ、3人を死亡させたとされる。松山地検は昨年3月から3か月間、鑑定留置を実施。刑事責任能力があると判断して ...