患者の支援考える 小倉北でシンポ 「一人じゃないと感じて」 /福岡 – 毎日新聞


患者の支援考える 小倉北でシンポ 「一人じゃないと感じて」 /福岡
毎日新聞
毎年2月末のRDD(レア・ディジーズ・デイ=世界希少・難治性疾患の日)に向け、小倉北区の市総合保健福祉センターで12日、患者や行政関係者らによるシンポジウム「難病にやさしい北九州市のために」(難病支援研究会主催)があった。パネリストたちは体験を交えながら、行政や医療機関、患者会などを通じて ...