トヨタ「ラウム」全面改良(2003年5月13日)

■いつ?
2003年5月12日
■どこで?
全国
■誰が?
トヨタ自動車株式会社
■何をした(する)?
UDを取り入れた小型車「ラウム」を発売。
■なぜ?
年齢や体格に関係なく、全ての人が快適に使えるようにするため。
■どのように?
・前席と後席のドアが大きく開いて、無理なく乗り降りできる「パノラマオープンドア」を採用した。
・助手席のシートを前方に折りたたんで室内空間を広くできる。
・サトウキビなどの植物を原料とし、土に埋めると溶ける特性があるプラスチックを床マットなどに使ったほか、車体各部を解体しやすい構造にしてリサイクルを促す設計にした。
・2003年5月13日の日本経済新聞の記事では、当時トヨタ自動車は月間4000台の販売を見込んでいたと記載があった。
・排気量は1500ccで、新型の自動変速機(AT)を搭載している。
・価格は139万8000円~186万8000円(北海道,沖縄を除く)。
■参考資料
「トヨタ『ラウム』全面改良」『日本経済新聞』2003年5月13日,朝刊,13面